自己破産のデメリット.com|自己破産をする前に必読!_旧

債務整理を司法書士に依頼するメリットって?

自己破産などの債務整理を考える方で、まず思うのは「弁護士と司法書士への相談・依頼は何が違うのか」でしょう。
どちらも法律に携わるという意味では似た印象を受けますが、仕事の内容は大きく違います。

弁護士は「代理人」として依頼人に代わって申立をすることができますが、
司法書士はあくまで「書類作成の代理人」として書類に関して依頼人の代わりに作成することができます。
ですが、「書類作成の代理人」といってもそれに係る書類の準備から
裁判所への破産申立書の提出による免責決定までサポートをしてもらうことができます。


では、司法書士に自己破産を依頼した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

1つめに上げられるのは弁護士に依頼より各段に費用が割安で済むということです。
相場は弁護士の場合20〜50万円程、一方司法書士は15〜30万円程と言われています。
2つめに、司法書士に自己破産を以来した場合でも弁護士同様にその日で借金の取り立てを止めることができます。
3つめとして、司法書士というのは上で述べたとおり、書類作成がメインの仕事です。
弁護士は、刑事や民事などの他の仕事を抱えている場合依頼を断る可能性がありますが、
司法書士はその可能性が低く依頼を受けてもらいやすいのです。
かつ、自己破産に関係のある書類も作成してもらえうことが出来るので、その分の手間がかかりません。

以上、司法書士を利用で3つメリットをあげましたが、やはりデメリットもあります。
最大のデメリットは、司法書士は依頼人の「代理人」ではないということです。
例えば裁判所の呼び出しを受けて裁判官と面接をしなければならない場合、
弁護士は「代理人」ですので当然同席ができ、依頼人の代わりに回答することも可能です。
しかし、司法書士は「書類作成の代理人」という立場であるため、同席は可能ですが回答することはできません。


司法書士を利用する際はメリット、デメリットをきちんと理解した上で依頼することをおすすめします。

債務整理を司法書士に依頼するメリットって?関連ページ

無職でも自己破産できる?
自己破産をする前に読んで下さい!家族のこと。職業のこと。年金はどうなるの?自己破産は人生の大きな転機となります。メリットとデメリットを検討して、あなたにとって最適な道はどちらかを冷静に判断するために。
ニートでも自己破産できる?
自己破産をする前に読んで下さい!家族のこと。職業のこと。年金はどうなるの?自己破産は人生の大きな転機となります。メリットとデメリットを検討して、あなたにとって最適な道はどちらかを冷静に判断するために。
自己破産の陳述書の書き方
自己破産をする前に読んで下さい!家族のこと。職業のこと。年金はどうなるの?自己破産は人生の大きな転機となります。メリットとデメリットを検討して、あなたにとって最適な道はどちらかを冷静に判断するために。
学生でも自己破産できる?
自己破産をする前に読んで下さい!家族のこと。職業のこと。年金はどうなるの?自己破産は人生の大きな転機となります。メリットとデメリットを検討して、あなたにとって最適な道はどちらかを冷静に判断するために。
公務員でも自己破産できる?
自己破産をする前に読んで下さい!家族のこと。職業のこと。年金はどうなるの?自己破産は人生の大きな転機となります。メリットとデメリットを検討して、あなたにとって最適な道はどちらかを冷静に判断するために。